ミシュラン【 京料理くまがい 】苦楽園で美味しい和食♪(2020年11月)

西宮の苦楽園口駅から、タクシーで芦屋方面にワンメーターの距離にある「京料理 くまがい」さん、

瓢亭にいらした店主が作る本格的な京料理をいただける為、
ご近所さんのみならず、遠方からもお客さんが来られるそうです。

0389F8B1-1279-4E4E-8BE2-F7E48EE81166.jpeg

我家は、前回松花堂(2,800円、当時は2,500円)を食べたので、今回は少し量の多い八寸がメインのランチメニュー(4,200円)にしてみました……
が、ほかのお客様は皆さん松花堂だったので、

やっぱり松花堂が一番人気なんですね。

スポンサーリンク

カウンターメインの店内ですが、席の間隔は大きく、アクリル板のコロナ対策がなされています。

A5887BF1-5A0F-48E1-A826-152F303E7867.jpeg

では、ご覧ください。

09C74F5E-482E-418E-A743-A4292DBAB967.jpeg
つるむらさきが美味しいですね。

EFF42120-C63B-4C14-8364-C981F76D3D58.jpeg

F3A12EA0-C17F-45BE-957C-63C37CA705B2.jpeg

4B0097AE-34BC-46DA-B6BA-B5042285B52D.jpeg

70E2BA3F-517D-4BF8-B2A4-E45FA15399D9.jpeg

八寸は、店主のセンスが出ると言われるそうですね。

お客さん側も、こんなに可愛い八寸を出してくださると
わぁ〜っと顔がほころびます。

何をどう盛りつけるか、料理人の方は考えるのが楽しそうだな〜と思いながら、
海のものから山のものまでじっくり堪能しました。

天ぷらは、オリジナルの山椒タレを選びました。
普通の食べ方も選べます。

59B13D4B-9F79-4762-B4D7-F0BC50B8DF16.jpeg

ほうじ茶アイスのデザートまであります。

奥様も相変わらず知性的な美人さんで、清潔感がある気持ち良い接客です。

感想


我家は普段から化学調味料を使った物やジャンクフードは殆ど食べない派なので、バカ舌ではないはずですが、京料理については明るくないし触れる機会も少ないので真価はよくわかりません。
でも、お料理一つ一つが食べやすく、口に入れるとじんわりと旨味が広がるので、
正しい和食っていいなぁと感じました。きっと様々な技術やお出汁、手間がかけられているのでしょうね。
京料理だと塩分も少な目で好みです。

今回のお料理はその美味しい物を種類多く少しずついただけて、本当に幸せな時間でした。
特に湯葉は最高でした。

帰りはタクシーでなく駅まで歩くと、途中パンやスイーツのお店が多々あります。

ラ バゲット ド パリ ヨシカワ、ブーランジェリー ヤマウチ、新鮮無農薬野菜の苦楽園八百屋、和菓子こはく、パティスリーのルメルクール、フルーツのアローツリー、食パンの成松、高匠、最近流行りのクロワッフルなど寄り道の楽しみもありますよ♪

ヨシカワさんのバゲット、ルメルクールのケーキとクッキー、八百屋さんのブロッコリー、高匠の小倉バターがオススメです。

お花見の季節は早目の予約が必要だと思います。

この記事へのコメント

スポンサードリンク