【 ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ 宿泊記④ 】クラブラウンジ フードプレゼンテーションを紹介します

クラブルームやスイートルームに宿泊したゲストが利用できるクラブラウンジを紹介します。


ホテルへのアクセスとチェックイン


先ずアクセスとチェックインの流れからお話します。

空港でレンタカーを借りて、大分空港道路→高速道路に乗って速水IC経由でのアクセスも簡単ですが、
日出IC迄空港道路に乗って(日出ICまでは無料)、下道におりて別府の街でお食事や地獄巡りなど観光してから、500号線でホテルに上がってくるのも良いと思います。

また、車でない場合、宿泊者のみリクエストで別府駅から送迎があるそうなので、問い合わせてくださいね。但し、乗合になる時もあるそうです。

そして車でなら国道500号線沿いに来て、こちらの看板が見えたら道を入り、左に進みます。

2DA944C1-5B41-467D-83CF-295D2BEC9737.jpeg

D42424A3-A1BA-46BB-90C4-3BC03591BD96.jpeg

スポンサーリンク

少し進むと右側にエントランスへのスロープが見えます。
チェックインが混むと、手前の道路に駐車してカーチェックインだそうです。

6390634C-B326-4B6F-B85E-886AC4416725.jpeg

私の到着時は空いており車でのチェックインは行われておらず、レンタカーでエントランスに到着したら、スタッフが名前を確認後、クラブルーム予約なのでラウンジまで案内してくれました。

もちろんホテル入口では検温し、手指消毒をします。

19CD6FD6-5D47-4066-A49E-E04C27054D56.jpeg

車はバレーサービスなので全てお任せし、その後アサインされた客室に入るときちんと荷物は届けてありました。
このような流れは、このクラスのホテルであれば当たり前の事ですが、Go To トラベルで稼働率が高いのにスムーズだったのは運が良かったようです。

ロビー
48CB9A43-F4A5-4C9F-98F8-7F004DD60663.jpeg

少しホテル内について説明しますと、
ロビーやレストランがある部分は、もともとある建物を利用しておりその両サイドに客室棟を増築した造りになっています。

入口から見てロビー右手の西側ウィングは、弧を描いており片側にしか客室がなく鶴見岳方面が見える南西向きです。
左手の東側ウィングは、別府湾ビューの3階4階にクラブルーム、先端にスイートルームがあり、
反対の北側はマウンテン&パーキングビューの客室があります。

そして、クラブラウンジは、ロビーから左手にあるウィング3階にあり、
レセプション、ロビーは2階に位置するのでラウンジに行くには、エレベーターでワンフロア上がります。


ラウンジ入口にはカードリーダーがあり、ルームキーをかざすとドアが解錠します。

7C5DB59D-A15A-4AFB-9B88-3CCF722FA2F9.jpeg

そして、
ラウンジ内は、想像より狭かったです。

海外の広いラウンジに慣れてきたゲストは皆さんそう感じられると思います…

DE6119CD-E7DD-4073-BFCA-3E8D15219293.jpeg

D8F31DFD-4462-473C-B098-9152A46FB30C.jpeg

8A3C536E-0C15-4C09-B45D-3C22ECE28291.jpeg

写真で見える部分でほぼ全てです。

私が知る国内外のインターコンチに限って比較しても、最小だと思いますし
(大阪、万座、石垣、ダナン、シンガポール、バンコク、フーコックを利用済)

今迄利用した三十数ヶ所のクラブラウンジの中でも最小クラスですが、
クラブルーム、スイートルームの客室数を鑑みたらこのサイズで妥当なのでしょう。

残念なのは景観に乏しく駐車場&山ビューです。
2名席はクモリガラスビューです(笑)

また、ソファは一ヶ所、残りは普通の椅子です。

夫と二名だったので、ソファはチェックイン時に案内いただいた時のみ利用して、
後はファミリーの方が利用できるよう遠慮して、椅子ばかり座っていたので、
滞在中ラウンジで寛ぐ感覚が薄かったのが心残りかな。

さて、脱線したので話を戻しまして、
ウェルカムドリンクを選んで、チェックイン手続開始です。

ウェルカムドリンク
4E4E077C-C31E-49FD-A47B-4ED8E86DA508.jpeg

アフターヌーンティー 14:00 〜 16:00


フードプレゼンテーションの一つのアフタヌーンティータイムが14時〜16時で殆どのチェックインゲストが部屋に入る前にアフタヌーンティーをしています。

アフタヌーンティー(一日目)
97CBF5B1-2F12-4509-9D2A-28D9DD685B31.jpeg

3段トレーには二名でも一名分が用意されるので、二日目には、最初からセイボリーだけ二名分でお願いしました。
前日トルティーヤが美味しかったので♪

アフタヌーンティー(二日目)
70B10B16-BB27-4434-B643-364B3F93663E.jpeg

冷たいスコーン以外味は良く
ケーキ類も繊細で、ショップと同じスイーツも含まれています。
朝食のデニッシュも美味しいし、焼菓子、スイーツのレベルが高いと思いました。

お酒が好きな方は、アルコールもあります。

内容は変わらずで、日替わりではありません。

イブニングカクテル 17:00 〜 19:00


カクテルタイムは、
コールドカナッペのセットが一人ひとつ、
ホットミールは、アランチーニと春巻きが来ました。

1531432E-5449-41C7-A565-ED3238F5F345.jpeg

ホットミール
B886395C-A540-4521-A851-BE65F3C44DE8.jpeg

美味しいですよ。

58ED08B0-48B5-4F7E-A217-B256DEDD2808.jpeg

しかし、ブッフェ台はコロナで無くなっており、フルーツも無いので
下戸の私は間が持ちませんでした。
もちろんこの後、メインダイニングのエレメンツで、ディナーしました♪
(ディナーの様子は宿泊記の①にありますので、よかったらご覧ください)

ルイロデレール
C5FEA787-5E5E-4D4B-8110-EB00BD95BE31.jpeg

夫のようにアルコールが飲める場合、ルイロデレールがあるのでハッピーな時間でしょう!

TWGは、ティーバッグ(コットンバッグではない)なのでガッカリです。

コーヒー類は、マキアートがあり濃くて美味しかったですよ。

イブニングカクテルタイムのお酒メニューをご覧ください。

06F6F5BD-2F37-4095-9968-D693013E465C.jpeg

19:00にラウンジは完全クローズしていました。


朝食


朝食は、チェックイン時にラウンジか4階エレメンツのどちらで摂るかを決めておきます。

私達はラウンジでいただくように決めて、
上記の通り狭いラウンジなので、時間も決めます。

時間は、「8時30分までは混むのでそれ以降にしてほしい」と言われたので、
8時30分にしました。連泊で余裕があるからそう言われたのかと思ったら、

他の連泊ゲストのチェックインでは、希望時間をヒアリングしているのが聞こえました。
スタッフにより違うのかもしれません。

そして、朝食はオーダーがメインですが、
外が見えない小さいテーブルでいただくので、圧迫感があって、
さっぱり食欲が出ませんでした……

最初に、サラダなどのセットが来て、(朝からゴルゴンゾーラ!昨晩出して欲しかったなw)

サラダセット
4EB6E188-3233-4678-A4EA-D8CA59BEB4F5.jpeg

その後、玉子料理と団子汁とクレープを夫とシェアで食べました。

団子汁
3EE72475-0293-4E02-BD46-FE2C76E07C51.jpeg

F05D5A61-3E36-4866-8289-1FF9CAA84151.jpeg

3F5544A8-FD83-4411-B758-D77597FC81DA.jpeg

小さくカットされお皿に入ったフルーツとヨーグルトもありました。
パン類はブッフェ台にあるので、美味しくいただきました。

ジュースもフレッシュですよ♪

他にも中華粥や和食もメニューにあったようですが、食欲が出なくて食べられませんでした。

オーダーできるセットメニューがたくさんあるので、
食欲があるかたには、とても充実した朝ごはんになると思います。

他、ラウンジの営業時間中はドリンクがいただけるので、プールや温泉で汗をかいたら、水分補給できるので健康的です。
Wウォールグラスが可愛いですね。bodumはビール用を持っているけどこれも欲しくなりました。

FD11BAD7-A9EA-48E0-A134-001B5A380015.jpeg

健康的では無いですが、夫はビールもいただきました。
なんと、お昼間からスパークリング(プロセッコ)とビールがあるのです。
呑兵衛ゲストが多い(笑)インターコンチ大阪と一緒のサービスですね。

感想


一言で、お酒が飲めるゲストには楽しい要素が多いラウンジです。

フードに関しては、現在新型コロナの感染予防としてブッフェがほぼ無いですし、朝食はレストランのように手指消毒、手袋マスクも義務付けられていないので、中途半端感が否めませんでした。

ハード面では、広さや眺望、椅子の快適性などに不満があり、
ゲストがクラブラウンジでホテルステイを楽しみ、寛ぐイメージに対する想像力が欠如したプランニングだと感じます。
更にホテルの他の場所にある雰囲気や素敵な意匠がないのです。

プールサイドのAQUAのイメージが、ラウンジにもあれば随分と印象が良かったのにと残念です。
下戸の私の場合、ラウンジアクセスではなくAQUAでスムージーとかいただいた方がきっとハッピーです。

参考迄にAQUAの写真はこちらです。

2DE41F11-5893-4C2B-A3D2-F1BE72816446.jpeg

今迄利用したインターコンチネンタル のクラブラウンジはどこも「至れり尽くせり」の印象でしたが、特殊な今年の状況を加味したとしても、こちらは経営方針や毛色がほかとは違うのかなぁというのが正直な感想です。

私が宿泊した時は、お代金のみならず物質的サービスもGo To割だったかな〜と(口が悪くてすみません!)

しかしながら、
スタッフはオールマイティーな女性が多くソフト面で困ることはありませんでした。
どうぞ安心して(苦笑)インターコンチ別府へお出掛けくださいませ。

この記事へのコメント

スポンサードリンク