【 インターコンチネンタル ダナン サン ペニンシュラ リゾート ⑨ 】ロングプール、ロングバー、ビーチ紹介♪

ベトナム旅行で滞在したインターコンチネンタル ダナンの最後の記事になります。


今回は、ラウンジアクセス付きでの宿泊だったので、ホテルのビーチやプールでのソフトドリンクが無料になったり、

ビーチで専用エリアが設けてあったりと、いろいろコンプリメンタリティーが楽しめました。


2018-03-18 10.50.52.jpg

スポンサーリンク

ビーチ


完全なるプライベートビーチです。


ビーチに出て、受付で部屋番号を伝えて、向かって左側の専用エリアで席を選びます。ここは、ラウンジアクセスルーム、ヴィラのゲスト専用エリアです。


専用エリアにはサンスクリーンも置いてあり、アヴェンヌだった記憶があります。

私は自分のサンスクリーンを使いましたが、肌が強い夫は置いてあるサンスクリーンを使いました。

午後には、夫が塗り忘れた首の一部だけ真っ赤っかだったので、置いてある物も効果はありますね。


ロングプールにもサンスクリーンはありますが、ニベアです。ニベアは、右側のスタンダードルーム宿泊者のビーチエリアにもありました。


2018-03-18 12.08.13.jpg

2018-03-19 10.35.54.jpg

2018-03-18 12.23.28.jpg

スタッフにタオルをセットしてもらい、冷たいお水はいただけますが、ついでにドリンクもオーダーしました。

メニューは置いてあり、ソフトドリンクの中からどれでもコンプリでいただけます。


私は、南国ではスイカジュースLOVEなので、そればっかりでした。脱水にも効くし、体調管理を兼ねています。


2018-03-18 12.39.55.jpg

程なく、スタッフがフルーツを配りはじめました。


2018-03-18 11.06.30.jpg

気配を察して、いそいそ海から戻ってくる私が写っています(笑)


三月の海は少し冷たく、足をピチャピチャする程度ですが、

ベトナム風バスケットボートに乗るビーチアクティビティをしました。


毎日やっている訳ではないようなので、チェックしてビーチ受付で予約しておきました。


2018-03-19 11.01.15.jpg

2018-03-19 11.04.55.jpg

海からリゾートを一望できて、楽しいです。15分ほどです。


これは、シトロン入口にあったタイムスケジュールで、こんな感じでありますが、私の宿泊した三月では、シュノーケリングは寒くて無理だと思います。カヤックは空いていれば予約なく出来ました。(2018年3月)


2018-03-17 17.33.07.jpg

ビーチにあるプール


2018-03-18 15.30.31.jpg

こちらは、ビーチからすぐの子供も入れるプールです。

時間帯によっては賑やかですが、昼下がりはこんなに静かです。おチビはお昼寝タイムでしょうか~


2018-03-18 15.32.02.jpg

ロングプール


ロングプールは、大人専用のプールです。

水温も温かく、海に向かって左側が浅くて海も見えます。


韓国男子がプールで飛び上がって、スタッフにその瞬間写真を撮ってもらっていました。それも気にいる写真が撮れるまで何度も何度も(汗)   

図々しいけれど、スタッフは慣れているのか淡々とこなしていました。


2018-03-18 11.58.13.jpg

2018-03-18 11.56.10.jpg

端にはジャグジーですが、温水ではなく水だそうです。


2018-03-18 12.00.22.jpg

プールサイドには、ディベッド的なスペースがあり、私はこちらでまどろんだり落ち着いて過ごしました。


日除けが大きいのも気に入りました。ラッシュガードは着ていますが、リゾートで寛ぐ時に忍者みたいな格好は変なので(欧米人に忍者いる~ってからかわれないように)露出は多少ある為、陰に居たいですよね。


また、真下はロングバーになり、お手洗い、シャワーもあるので便利です。


そして、ここでもソフトドリンクはコンプリです。


2018-03-18 12.29.20-1.jpg

2018-03-18 12.45.07-1.jpg

2018-03-18 12.45.25-1.jpg

フラペチーノとマンゴースムージーです。

そんなにドリンクばかり飲めないので、滞在中これだけしかオーダーしていません。


ロングバー


プールの下にあるバーです。


アンバサダー会員でいただいたドリンクバウチャーで、ワインなどいただきながら、ランチしました。滞在時にビーチにあるイタリアン「ベアフット」が工事中で閉まっていたので、皆さまこちらでランチされていました。


ビーチが見えるオープンエアーの爽やかなバーです。


IMG_2506.jpg

中は、天井に団扇が動いていたり、デイベッドがあったり、ブランコ風の椅子があったりと楽しいです。


2018-03-18 15.09.02.jpg

普通の椅子とテーブルもあるので、こちらでいただきました。

また、デイベッドの順番待ちをしている方もいましたが、お昼寝タイムの家族もいたりと、三時ごろは混んでいました。


2018-03-18 17.18.09.jpg

IMG_2501.jpg

IMG_2504.jpg

2018-03-18 15.27.31-1.jpg

2018-03-18 17.09.02.jpg

パンもとても美味しかったです。

パスタは、シーフードパスタで魚介がたっぷりと入っています。

お値段は、2,000円台だったと思います。



ブランコ風の椅子も楽しみました。

外には卓球台もあります。


夜のロングバーも賑わっていました。


2018-03-18 22.11.55.jpg

ヘブンレベルから見るロングバーやビーチです。

水平線には、漁船の灯りが見えています。ハワイとはまた違った雰囲気ですね。


IMG_2390.jpg

インルームダイニング


滞在中一度だけインルームダイニングを取りました。


2018-03-19 14.03.41.jpg

コムガーです。アジアでよく見るチキンライスのベトナム版です。

クラブアクセスだからか、ジュースが付いていました。


価格は、やっぱり2,000円台だった記憶があります。

物価の低いベトナムにいる気がしません。(・・;)


しかし、お味は確かです。量もあって二人でシェアできたので、オススメします。


でも、テラススイートルームは、室内に大きいテーブルがないので、テラスで食べる事になります。お猿さんが多い時は要注意ですね。


総評


とても素敵なリゾートホテルなのは確かです♪

敢えて気になった事を中心に総評として書いてみました。


先ず、敷地内は広いので、移動に意外に時間がかかります。

バギーがあるとは言え、三日目には面倒になってきました。晴天でさえそうなので、酷暑や雨季は憂鬱でしょう。


全体的にホスピタリティはよいですが、たまにあれっ!?って感じのスタッフもいますので、やっぱりベトナムだなぁと思う場面もあります。ベトナムは二回目なので想定内でしたが


客室は、凝ったインテリアで使い勝手よりも雰囲気重視です。


ハーンのシャンプーなども、ミスティークというシリーズでお寺っぽい香りです。

ベンスリー氏が、寺院建築のイメージを取り入れてホテルをデザインしたそうなので、この香りなのでしょう。

もっとエキゾチックな香りが良かったな。


また、ハーンのスパはハズレのスタッフに当たってしまいました。

これも運ですね    設備は素敵、ホスピタリティも良いのですが。

《スパの記事はホテルステイカテゴリー内にありますので、良かったらご覧ください》


ベトナム南部フーコック島にも新しいインターコンチネンタルができたので、そちらはどうなんでしょう~   フーコック島には良い想い出があるので、興味津々のこの頃です。


この記事へのコメント

スポンサードリンク